http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1366907504/

1: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:31:44 ID:+KVKl6nI
何してたんだあいつら…

3: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:33:06 ID:PF6P1lSP
そういやその時期って学校では教わらんよな

9: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:36:18 ID:+KVKl6nI
>>3
卑弥呼から一気に飛ぶよな
何なんやあれ

14: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:39:14 ID:EQQOAp+O
>>9
そもそも卑弥呼までは歴史ってよりは考古学やからな

16: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:39:51 ID:TxlVPzmC
>>9
中国頼みだからしゃーない

25: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:43:23 ID:jZZ2G6A1
>>3
倭の五王とか、古墳時代の話って今は習わないのか…?(困惑)

4: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:34:29 ID:SiBpTwAy
卑弥呼と聖徳太子の間か

5: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:34:48 ID:zm7U/jaT
騎馬民族が云々

6: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:35:14 ID:+KVKl6nI
でも歴史が残ってないのはちょっと恥ずかしいかも
Wikipedia見たらその時期の世界史凄いンゴ
301年 - 9月3日にサンマリノが独立。
304年 - 匈奴の劉淵が大単于を自称。中国北部は五胡十六国時代の戦乱に入る。
306年 - コンスタンティヌスがガリアでローマ帝国皇帝を称す。
310年 - クチャ出身の仏図澄が洛陽に来て仏教を布教。
311年 - 中国で永嘉の乱。中国北方に異民族侵入が激化。
313年 - ローマ皇帝コンスタンティヌス1世とリキニウスがミラノ勅令でキリスト教を公認する。
313年 - 高句麗が楽浪郡を滅ぼす。
316年 - 中国で西晋王朝滅亡。
317年 - 司馬睿(元帝)が東晋を建国(- 420年) 。

7: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:35:16 ID:f3GukJFX
壱与ちゃんどうなってしもたん

8: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:36:01 ID:u7WdB6jY
「倭国大乱」とかいう魅力あふれる四文字

11: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:38:00 ID:Y6qB1GC8
残ってる話ほとんど中国頼みだよな

12: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:38:54 ID:+KVKl6nI
>>11
この頃ってやっぱ文字無かったんか?

18: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:40:45 ID:q0+wkQqd
>>12
仮名はもっとずっと後の話やで

15: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:39:14 ID:oxQoHG77
大和朝廷成立までの闇は深い

17: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:40:39 ID:6WFd4qVb
多分島根県が一番輝いてた時代だと思う

21: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:42:23 ID:EQQOAp+O
>>17
多分岡山も

38: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:50:03 ID:K7k46gqR
>>17
たぶん宮崎も

22: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:42:25 ID:8CFe3XnS
4~5世紀にヤマト政権が成立したんだな。何があったし。

23: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:42:38 ID:d0Hyl6KN
なんJ空白の4年間

24: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:42:54 ID:ee95PIGo
島根という半島からの経路wwwww

26: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:45:01 ID:q0+wkQqd
>>24
ちなみに石川県もな
石川県ー滋賀県ー宇治川ー奈良
というルート
宇治に都があったんはこの影響

27: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:45:13 ID:6WFd4qVb
簡単なんだよ
古墳開けりゃいいんだよクソ宮内庁がああああああ!

28: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:45:54 ID:sI0xbS+y
>>27
申し訳ないが墓荒氏はNG

29: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:46:00 ID:oxQoHG77
>>27
宮内庁マン「ダメです」

35: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:48:53 ID:q0+wkQqd
>>27
天皇陵の比定は江戸時代の書物によるものでな
明らかな天皇陵がこのリストから漏れて開けられたことがあった
朝鮮関係のものが多かったと聞く

30: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:46:15 ID:ee95PIGo
古墳なんか開けてもなんもないだろ
あったらいくら宮内庁がバカとはいえ、とっくにやってるわ

31: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:47:12 ID:Y6qB1GC8
戦犯は古事記日本書紀とかいうくっそ使えない歴史書

34: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:48:20 ID:EQQOAp+O
>>31
せめて風土記が全部残っとればなぁ

37: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:50:03 ID:TxlVPzmC
>>31
蘇我氏の書物焼いたカマカスを許すな

40: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:51:42 ID:d5mtv1zS
>>31
あれまだましな方やで

65: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:07:00 ID:GzFhdAOL
>>31
ちゃんとした史料のはずがとばっちりで使えなくなったんやろ

68: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:08:47 ID:q0+wkQqd
>>65
安万侶ニキの墓見つかったんも最近のことやしな
古事記の資料的信頼性も昔はなかったんや

32: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:47:15 ID:3jjnttWQ
雄略天皇や獲加多支鹵大王は中学でやるやろ
新しい指導要領に対応した東書の社会の歴史教科書持っとるけど載っとるで

33: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:47:58 ID:SiBpTwAy
サンチンケイコブも古墳も単語覚えるだけで
誰々が何したとかは皆無じゃね

42: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:53:48 ID:jZZ2G6A1
>>33
古代史はそんなもんだろ。
文字の記録がほぼないんだから、アプローチの仕方を変えざるを得ない

36: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:49:39 ID:agfUbTF8
平安以前の話は須らくうさんくさすぎる
まあ平安時代も大概だけども

48: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:59:01 ID:t14HZM+Y
>>36まぁ歴史なんて遡れば遡るほど、その性質はむしろおとぎ話に近づくからしゃーない

54: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:00:35 ID:q0+wkQqd
>>48
歴史が進めば進むほど起源が古代に遡っていくっていうあれやな

49: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:59:25 ID:MlzZgP3t
>>36 「須く」の用法がうんぬん

92: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:18:37 ID:84CXUsCG
>>49
お、智英ゥー!

39: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:51:35 ID:/KaA4WS4
島根は鉄とかしっとるけど、岡山宮崎は何があったんや

41: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:52:48 ID:q0+wkQqd
>>39
宮崎:高天原
岡山:古墳の形態が違うから独自政権?
かな

77: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:12:33 ID:K7k46gqR
>>39
神話の量で出雲神話の次に多いのが日向神話

78: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:13:23 ID:GzFhdAOL
>>77
天孫降臨がなぜ宮崎で行われたかってのは味噌やろうな
大和発なら大和でええはずやし

43: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:54:03 ID:3jjnttWQ
で、結局邪馬台国は桜井でええんか

45: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:55:27 ID:q0+wkQqd
>>43
九州説唱えとるんは異端児扱いと考古のにーちゃんから聞いたことがある

46: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:57:16 ID:EQQOAp+O
>>45
実は決着ついてるけど注目集める為にプロレスやっとるらしいな
いいぞもっとやれ

50: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:59:25 ID:q0+wkQqd
>>46
安本美典とかなんでああなってしまったんやろな
宇治十帖別筆説とかすごかったんだが

58: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:02:58 ID:jZZ2G6A1
>>46
戦犯遺跡を村おこしのネタに使う風潮。
秩父の悲劇を忘れてはならない(戒め)

52: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:00:01 ID:oxQoHG77
>>45
ファッ!?
邪馬台国は宇佐にあったんとちゃうんか!?

57: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:02:43 ID:q0+wkQqd
>>52
宇佐八幡?
あそこええところやな。一度いったわ
まきむくも卑弥呼卑弥呼言うとるが[それ級のでかい建物]以上のものではないわな

44: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:54:17 ID:6WFd4qVb
古墳の天皇陵のほとんどが実際誰の墓だかわかってない現状はなんとかすべきやと思うの

47: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:57:47 ID:TGmTN7tq
日本は建国以来天皇家による一子相伝やから(震え声)

51: 風吹けば名無し 2013/04/26 01:59:32 ID:jZZ2G6A1
>>47
継体天皇「せやな」
天武天皇「一理ある」

53: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:00:02 ID:SiBpTwAy
一子相伝ってどっかの拳法みたいだな

56: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:01:34 ID:t14HZM+Y
>>53万世一系って言いたいんか?

55: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:00:56 ID:6WFd4qVb
宮崎は天皇の祖先がサメとセックスしてその孫の神武が東征しに出発した地やし
西都原の古墳群は明らかに大勢力があった証拠やしかなり古代史の重要地点

60: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:05:08 ID:q0+wkQqd
>>55
九州は阿蘇の噴火(キカイジマやっけ?)で一度壊滅してるから
それ以降に入植してきたやつらの子孫やんな
どういう系統なんやろなぁ

63: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:06:43 ID:agfUbTF8
>>60
せやな縄文時代に一度全滅してるらしいから
それ以降どういうふうになっとるんやろなあ

79: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:13:37 ID:6WFd4qVb
>>60
日本神話全体的に海の民にまつわる話がたくさん出てくるから大陸や南方との繋がりがすごいあったんやろな
コノハナサクヤヒメ(の親父だっけか)は鹿児島のはしっこに海から上陸したし、
スサノオは朝鮮から渡ってきたって伝承が出雲にあるし、
そもそもアマテラスってのも海の民が祀ってた神様だったらしいし

84: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:15:33 ID:q0+wkQqd
>>79
アマノヒボコ譚とかな
陽が差したら妊娠とかなにもんや

59: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:03:59 ID:TGmTN7tq
大戦犯宮内庁が開けた古墳はボロボロ

61: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:05:12 ID:GzFhdAOL
新羅と百済を従えて高句麗まで行ったんやろ

66: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:07:41 ID:3jjnttWQ
>>61
なお韓国では捏造扱いされてる模様

70: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:10:24 ID:PvXB89pl
>>66
韓国は過去の歴史に目を背け過ぎ
過去は過去なんだから嘘の上塗りを繰り返すより素直に受け入れたほうがいいに決まってるのに

76: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:12:01 ID:q0+wkQqd
>>70
ハングルにパスパ文字の影響があるのはほぼ100%やのに絶対認めんし
国内ではそんなんいえへんらしいな

83: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:15:19 ID:TouV1PqR
>>70
大清国属やっけ?
漢字読めないから殆どの韓国人は意味分からないやろうな

75: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:11:41 ID:GzFhdAOL
>>66
気持ちはわからんでもないがその後も日本は新羅より立場が上って常に格付けされてたしな
あれはこの時代からのなごりと考えても不思議じゃない

64: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:06:49 ID:6WFd4qVb
邪馬台国が大和朝廷に進化したのか
邪馬台国が大和朝廷に滅ぼされたのか

73: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:11:09 ID:EQQOAp+O
>>64
両方ともな可能性
大枠は同じだけど主導勢力が変わってたりとか

71: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:10:32 ID:pdjiIJ36
いきなり大和朝廷がぽっと出で現れる訳ないしそれまでもそれなりの地盤はあって
他地域も有力な豪族が群雄割拠しとったんちゃうかなって想像はしとる

80: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:14:09 ID:pdjiIJ36
半島とは支配とかはともかく交流があったのはたしかやろなあ
向こうの人がこっちに来るのはもちろんこっちからも結構半島に行っとるはずやで

81: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:14:34 ID:TGmTN7tq
でも天皇家も大陸系だよな
ネトウヨ()は絶対に認めんけど事実は事実やから(しゃーない)

86: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:16:37 ID:q0+wkQqd
>>81
騎馬民族説はないけどな

87: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:16:53 ID:3jjnttWQ
>>81
今の日本人自体南方からのと大陸からのとあと北の方からののハイブリッドやからな
別に天皇家の祖先が大陸系でも何の問題も無いわな

88: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:17:05 ID:hROHansY
>>81
そもそも人類自体がアフリカ人の子孫やしね

89: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:17:05 ID:PvXB89pl
>>81
散々血は混ざってるんだからどこ系とか言うだけ無駄だろ

90: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:17:26 ID:oxQoHG77
>>81
天皇家の祖先が大陸から九州に渡ってきたのが天孫降臨なんかな?

95: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:19:51 ID:q0+wkQqd
>>90
こないだ死んだ馬渕和夫がそんなこといっとったが
あの人なんであんなんなってしもたんやろ
音韻のほうではバリバリ最先端やったのに
歳取るってこわいな

96: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:20:26 ID:TGmTN7tq
>>90
当時の大陸系は蘇我氏らなんやらおったし珍しいもんでもない
で権力闘争に生き残ったんが現在の天皇家やろ

97: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:21:34 ID:3jjnttWQ
>>96
よく言われるけど蘇我氏は大陸系ちゃうやろ

100: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:22:31 ID:TGmTN7tq
>>97
マジで?

108: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:26:06 ID:3jjnttWQ
>>100
馬子やらの祖先に蘇我高麗やら蘇我韓子なんて人間がおるのがよく言われる大陸系説の根拠なんやけど
この韓子っちゅう名前は書紀に出てくる他の例やと基本的に倭人の夫と渡来系の妻の間の子につける名前なんよ
つまり蘇我氏自体は日本の曾我辺りの土着豪族っちゅうことになるんやね

111: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:27:46 ID:q0+wkQqd
>>108
ほう、それおもろいね
学界での評判はどうなん

118: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:31:08 ID:3jjnttWQ
>>111
黛弘道っちゅう学習院大の教授の論文に載っとったな
結構有名な人やと思うよ

119: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:32:12 ID:q0+wkQqd
>>118
サンガツ
ほんまおもろい話やな。今度読んでみるわ

82: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:14:38 ID:425r6upn
奈良平安あたりで天皇に都合の悪い話は消されてんの?

85: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:15:36 ID:GzFhdAOL
>>82
天智系列天武系列がどうかとかやろ

91: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:18:24 ID:cxBR4DrN
世界史のギリシャの暗黒時代もワクワクするよな

93: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:18:43 ID:8zeWDI5a
話ずれるかもしれんけど中国や朝鮮の人とどうやってコミュニケーションとっとったん?
日本は文字すらなかったのに

98: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:21:46 ID:Y6Fw8sDt
>>93
基本は中国の漢語に合わせるってのは近世までずっとそうやで
あと口語だけでも意思疎通はできるし

99: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:21:54 ID:q0+wkQqd
>>93
翻訳がおったんやろな
多分世襲の。
田氏漢語抄とか名前だけ知られてる漢和辞書(おそらく)があるわ

103: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:23:55 ID:oxQoHG77
>>99
卑弥呼の時代の通訳一族を主人公にした小説があったな

105: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:24:39 ID:nH+KJSdu
>>103
なんやそれおもしろそう

110: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:26:30 ID:oxQoHG77
>>105
帚木蓬生ニキの日御子って小説やで(ステマ)
内容もわりと面白かった

101: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:23:47 ID:GzFhdAOL
渡来人と言えば始皇帝の子孫とか後漢の霊帝の子孫とか言うのはいくらなんでも胡散臭すぎて草不可避

104: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:24:35 ID:agfUbTF8
>>101
中国でも詐称もどきの奴ばっかやからへーき

106: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:24:41 ID:q0+wkQqd
>>101
客家とおなじやな

107: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:25:44 ID:j9+2Fct9
ワイおはD、狗奴国濃尾平野説に歓喜

112: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:27:54 ID:Y6Fw8sDt
>>107
普通に考えて毛野国やないの?

116: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:30:03 ID:GzFhdAOL
>>107
能見平野にみえた

114: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:28:34 ID:M9jDoeeb
日本人なのに科挙に合格した阿倍仲麻呂とかいう偉人

115: 風吹けば名無し 2013/04/26 02:29:35 ID:q0+wkQqd
>>114
しかも現地で従二位相当まで昇進
ぐう有能

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し2013年04月28日 11:50 ID:Huruegoe1
「邪馬台国」は、「魏」がライバル「呉」への牽制の為に、古文書「魏志倭人伝」に作り上げた架空の国。朝鮮半島から九州北部までの上陸行程は具体的だが、それ以降が曖昧な理由は、「呉」の背後の海上に無理矢理書面上で引っ張ってきたことによる。ちなみに、もう一つのライバル「蜀」の背後には「大月氏国」があり、「魏」は、「大月氏国」「邪馬台国」双方に金印を授けている。また、「魏志倭人伝」の作成時期(三世紀頃)に日本列島で隆盛した国は大和地方に存在したものである。
2: 風吹けば名無し2013年12月12日 13:00 ID:Huruegoe2
なお帰国できん模様
3: 風吹けば名無し2014年04月26日 19:40 ID:Huruegoe3
結局、日本人=縄文系が大陸人の弥生系に負けたってのが日本の歴史

今はどちらも日本人らしいが
4: 風吹けば名無し2014年07月02日 09:08 ID:Huruegoe4
>>23の分かってない感
5: 風吹けば名無し2014年09月01日 22:37 ID:Huruegoe5
ワイ世界史選択、低見の見物

おすすめブログ更新情報